記事のお直し中(..) 寒くなってきましたね。

【敏感肌】愛用中の市販トリートメント。プチプラ価格で続けやすい!

真ん中の黄色いボトルが、愛用中のトリートメントになります。

『 リアル 』という会社が作っている、名前が「無添加時代 ヘアトリートメント」です。

若干名前のセンスはどうなの?

という気持ちは置いておいて(笑)
このトリートメント、すごく気に入ってリピートしている商品になります!

どんな所がお気に入りなのか、詳しく書いていきますね。

リアルの無添加時代ヘアトリートメントについて

トリートメントのボトルが写っている

私はトリートメントに求めることが、色々とありまして…

私が求めていること
  • 敏感肌用のモノ:昔アトピーがひどく、今も完治していないため
  • 合成香料が不使用のモノ:軽度の化学物質過敏症で、香料が苦手なため
  • お値段ほどほどのモノ(^^)

これらの条件にピッタリ当てはまったのが、「無添加時代ヘアトリートメント」でした。

ここからは「無添加時代ヘアトリートメント」について、4つの項目別に見ていきたいと思います。

  • 内容量と値段
  • 香料について
  • 成分について
  • 使ってみた感想

内容量と値段

小皿にリンスの中身を出している

お値段、頑張ってます!

内容量は300mlで、参考価格は¥864です。

敏感肌にも優しくて、千円以下の価格帯って、なかなか探すの難しいかも…

もちろんドラッグストアで売られている「 大容量タイプ 」と比べてしまうと、少し部は悪いですが…

まあ市販品は刺激を感じる物も多いし、何よりただならぬ香料臭でノックアウトです、ね(^^;

香料について

リンスのキャップを開けている

 ボトルの裏には無香料とあります。

でも最初は柑橘系の香りがあります。成分にオレンジ油って書いてあるのでその香りだと思いますよ。

でも合成香料ではないので、乾かした後もプンプン残るとかは無いです。

買ってきて最初の頃だけ、浴室でトリートメントを使用中に、ニオイがするって感じでした。

私はしばらく使ってるうちに、本体容器からニオイは薄れて、感じなくなりました。

成分について

リンスのボトルの配合成分が書かれている辺りのアップ
下の2点を書いていきますね
  • 界面活性剤のこと
  • シリコンのこと

界面活性剤のこと

このトリートメントの界面活性剤ですが、すごく低刺激のものを使っているんだそうです

下の全成分の中で、4つ目の「 ココイルアルギニンエチルPCA 」というのが、界面活性剤みたいですね。

水・水添ナタネ油アルコール・ミリスチルアルコール・ココイルアルギニンエチルPCA・マカデミアナッツ油・水添パーム核油・ヒドロキシエチルセルロース・パルミチン酸エチルヘキシル・ポリクオタニウム-7・ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・コメヌカスフィンゴ糖脂質・カンゾウ根エキス・ヒノキチオール・ホップエキス・モモ葉エキス・PCA-Na・オレンジ油・ステアリルトリモニウムブロミド・クエン酸・水添レシチン・リゾレシチン・BG・DPG・エトキシジグリコール・イソプロパノール

引用元:無添加時代 ヘアトリートメント | 美人ぬかストア

成分のことは素人なので、詳しく分からないのですが…
ネットで調べてみたところ、「 刺激的が低くて安全性が高い 」界面活性剤とのことでした。

クリックすると開きます

参考 ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系界面活性剤!エイジングケアアカデミー

私は肌がすごく弱いですが、このトリートメントで、一度も刺激を感じたことがないです

シリコンのこと

こちらはノンシリコンのトリートメントになります。

私自身は「絶対ノンシリコンでなきゃ!」とかってないのですが…。 

  • 敏感肌の私でも刺激なく使える
  • 合成香料を使用してない
  • しかもあまり値段が高くない

って商品を探したら、こちらのトリートメントが目に止まったんです。

たまたまその商品が、ノンシリコンだったという次第です。

シリコンってシャンプーに入っていれば、やっぱり気になります。

でもトリートメントはシャンプーと違って、頭皮にベッタリ塗りつけたりしませんよね!
私は気にしない派です。

使ってみた感想

最初に「気になったところ」を、次に「良かったところ」を書きます。

無添加時代ヘアトリートメント:気になったところ

 トリートメント効果は、それほど高くはありません

乾燥を防いで、まとまり良くしてくれますが「ほどほどに」です。

このトリートメントが「 シリコン入り 」だと、手触りだけのツルツル感は簡単出せると思います。

でもノンシリコンでこの価格帯だと、高価な補修成分を使うわけにいかず、「むちゃくちゃ、しっとり」は難しいのでしょうね。

無添加時代ヘアトリートメント: 良かったところ

成分についての所でも書きましたが、敏感肌の私にも刺激なく使えるってことが、ホント一番です。

それに合成香料も不使用ですし。

トリートメントなどのヘアケア商品で、無香料or天然香料のモノを探すのって苦労するんです(泣)

このトリートメントを使った使用感は、前に書きましたが「すごくしっとり感がある」とまではいきません…。

言うなら、ほどよい潤いとまとまり感です。

「ダメージがあまりないよ」って方は、ピッタリかも。
安いですしね。

トリートメントの後にプラスαで使っているもの

私はもともと髪が、乾燥ぎみ。

なのでドライヤー後に「洗い流さないトリートメントをプラスして使っています!

このひと手間で、まとまり感も満足するレベルになりました。

◆◆使っている「洗い流さないトリートメント」
  無香料です(^^)

では振り返りますね。

まとめ

無添加時代ヘアトリートメントが、おススメなのは…
  • ひどいダメージヘアではない
  • 敏感肌に優しいトリートメントを探している
  • 強い香料がダメで、自然な香りの商品を探している
  • 値段はお手頃がいい

そんなあなたに、ピッタリかも☆

世の中には成分が安全で(補修成分もたっぷり配合)、天然香料を使用していて…
ってトリートメント、多分たくさんありますよね。

なにぶん値段が高いのですよ!

私、ひどいダメージヘアじゃないし…
そんなに高価な補修成分いらないから、ほどほどの感じ?で、値段を抑えてーー!

という思いに見事に当てはまったトリートメントでした♪

◆◆トリートメント

以上です。

敏感肌だと色々大変ですよねぇ。私も色々と大変です!

この記事が少しでも参考になれば、いいのですが…。

▼無印のシャンプーのことも書いたので、ぜひ!

▼クリックすると開きます♪

無印のエイジングケアシャンプーは、敏感肌にも優しい使い心地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA