シンプリスト志乃のブログ

悲劇【幅狭の足】スリッパがすっぽ抜ける!愛用品は4千円(汗)

f:id:SHI_NO:20190904173119j:plain

 

私は足の幅が狭いうえに、足の甲も薄いんです!

 

いわゆる「幅狭甲薄」のジャンルに属する、足の持ち主です。

 

「そんなジャンルってあるの?」

あるんですよっ!

 

日本で足の幅が狭いのは、履ける靴がほとんどない悲劇なのです(>_<)

 

ことごとく市販品の靴は、幅が大きすぎてブカブカです…。

 

もちろんスリッパも同様になります。

普通に売っているスリッパは、すっぽ抜けて履けません。

 

これまで履けるスリッパを求めて、トライ&エラーを繰り返しました。

 

「これっ!」っていうスリッパが見つかったので、紹介させて頂きますね(^^)

 

欲を言えば紹介するスリッパも「もう少し幅が狭かったらなぁ~」とかあります。

でも巷にあるスリッパの中では、断然はきやすいです!

 

《私の足のスペックです》

・23㎝

・足を計測すると、「BかCワイズと言われます

・実際に合う靴は、なぜか「Aワイズになります

 

スリッパがすっぽ抜けて困るあなたへ、参考になればと思います。

それではスタート♪

 

 

 

「幅狭の足」中川政七商店のスリッパを愛用しています

 

 f:id:SHI_NO:20190904173106j:plain

 

中川政七商店が作っている、手織り麻のスリッパになります。

カラーは「白鼠」を愛用中。

 

この手織り麻のシリーズ、楽天・アマゾンで見つけられませんでした…。

 

下は公式サイトの、ネットショップになります。 

私はこちらで購入しました

www.nakagawa-masashichi.jp

 

値段が¥3780(税込み)

送料を入れると、なんと4千円越えの高級スリッパになります💦

 

「えー高すぎ!」という声が聞こえてきそう…。

 

しかーし履けるスリッパが限られているのですっ。

背に腹は代えられません。キッパリ。

 

同じシリーズでもう少しだけ、安い商品もあります

柄物のスリッパになります。

 

 

柄物も可愛いですよね。これ以外にも絵柄の種類がありますよ。

 

私はシンプルデザインの方が好みなので、無地のスリッパを選んでいます。

 

幅狭の足におススメのスリッパを、市販品と比較

 

 幅狭の足におススメのスリッパ、中川政七商店

 

普通にスーパーで販売されているスリッパと、どのくらい違うのか比べてみました。

 

正面から比較:市販品(左)と中川政七商店(右)

 

 

 

こちら正面から比べた画像です。

かかとに変なものくっついていますが、後で説明しますね。

 

右が中川政七商店ですが、こちらの方が明らかに「幅狭」なの分かりますか~?

もっと顕著に分かるのが、横側からの比較になりますよ。

 

横側から比較:市販品(左)と中川政七商店 (右)

 

  

 

指に注目して下さい。

足が入る部分の高さが、2つのスリッパでだいぶん違いませんか?

 

分かりやすいように、指をどけてみます。

 

高さ(厚み)が違いますよね!

 

市販品は甲高の人にも、対応できる感じです。

それに比べて中川政七商店のスリッパは、足の入れるスペースの厚みが薄いです。

 

市販品と比べて「幅が狭くて厚みが薄い」のが特徴です!

 

「中川政七商店のスリッパ」を履いて分かったこと

 

 

大きく分けて3つの観点から、お話ししますね。

 

暑いとき用スリッパです。洗えるのがポイント

 

 

スリッパですが、ほぼ麻素材が使われていて、あと綿が少しという構成です。

 

甲のあたる内側がパイル状になっているの、分かりますか?

その部分だけ綿で、あとは麻です。

 

通気性がいいので、私の中では暑いとき用スリッパです。

具体的には4月くらいから10月くらいまで。

 

暑い時期に使っているので『洗える』っていうのも、大きなポイントになります!

「汚れたかな?」と感じたら手洗いをして、サッパリさせています。

 

正直に言うと「前あきスリッパ」じゃないので、真夏はさすがに暑い!

 

麻のソックスを着用してスリッパを履くと、少しマシになりますよー。

 

クッション性が無いので、100均アイテムで改造しています

 

 

 最近のスリッパは、底面にクッション性のある商品も多いですよね。

 

でも愛用中のスリッパは、まったくクッション性がありません!

フローリングでパタパタ動き回っていると、かかとに負担を感じる事もしばしば。

 

クッション性が無いなら、「自分で何とかしてやるーっ」と簡単な細工をしてみました。

 

まずダイソーでこちらを用意。 

 

かかと用のインソールパッド

後はホームセンターで購入したマスキングテープ

 

 

 

 

そしてマスキングテープを底面に貼ります。(布地へのダメージを避けるため)

その上に、インソールパッドの両面テープをはがして、くっつけます。

 

 

完成ーー♪

 

簡単ですが、かかとへの衝撃がマシになります(^^)

 

スリッパを履いてるうちに、どうしてもインソールパッドがへたってきます。

その時はダイソーに同じパッドを買いに行って、取り替えるようにしていますよ。

 

スリッパ裏の素材はPVC。良くもあり悪くもあり…

 

 

 

このスリッパの裏は、黒のPVC(ビニールっぽい素材)です。

 

最近スリッパの裏が、布?みたいな商品も多いです。

私はサッと拭くことの出来るPVCの方が、好みではあるのですが…。

 

こちら見ての通り、黒色なんですね。

室内を歩き回ると、どうなるかと言うと…

 

白ーいホコリがくっついて、目立ちます。

これ、けっこう気になる!

 

まあ他人のスリッパの裏、わざわざひっくり返して見ないでしょうけど…。

  

なのでスリッパの裏を拭いています。

「毎日拭いてますよー」と言いたいところですが、そこまでマメじゃないので気になった時だけです💦

 

 

水の激落ちくん」を入れたスプレーでシュシュとして、キッチンペーパーを細く切って、拭いたらゴミ箱にポイです。

 

 

上、半分を拭きました。

キレイにホコリ取れてるかと思います。

 

 

かなり語ってしまいました(^^;

これで終わりになります。

 

まとめ

 

 

「幅狭足」の私が、春~秋用に使っているスリッパです。

 

無地タイプ

www.nakagawa-masashichi.jp

 

 ▶柄タイプ

※幅狭専用スリッパではないので、極端に足の幅が細い方は、合わない場合もあるかと思います。

 

寒い時用スリッパの情報が欲しいんだ!」という方へ。

 

また詳しく記事にする予定です。こちらに少し書いておきますね。

 

冬はムートンスリッパを履いています。

 

去年買ったのは、↓この商品です。

Amazon FURFURMOUTON 洗える 天然羊毛スリッパ  Mサイズ

 

 ※ただし私は分厚いソックスを着用した上で、ムートンスリッパを履いています

化繊のボアスリッパはツルツルして、とても履けたものじゃありません(泣)

 

ほんとーーに「幅狭甲薄」の足は、苦労がたえません。

 

あー私も4000円のスリッパじゃなくて、スーパーで400円のモノでいいんだよ~!

 

同じ幅が狭くて悩んでいる方への、参考になればうれしく思います(^^)

 

 

▶ファッションの記事ですが、幅狭のサンダルについても、少し紹介しています。

blog.shi-no-s.com

 

 

 
クリックしていただけると嬉しいです (^^)
    はてなブログ
 
ランキングサイトに参加しています

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA