記事のお直し中(..) 寒くなってきましたね。

【無印】サーキュレーター(小・旧型)の分解掃除してみた。

我が家の家事分担において、サーキュレーターの掃除は、夫さんの担当です。

この日も頑張ってもらいました(^^)

今回掃除したのは、無印の『旧型』のサーキュレーターになります。

『AT-CF18R2-W』2015年製造。

今は新しい型が、出てるんですね!
でもまだまだ旧型を、愛用されてる方も多いはず。

参考になればなーと思い、記事にしてみました。

やっぱり掃除前/掃除後からですね!

それでは、我が家の「サキュオ君」←名前ついてる(^^;
掃除する前と後を、ご覧くだされ。

ビフォーアフター

サーキュレーター掃除のビフォーアフター

おおーー凄くキレイになってます!
除したの、私じゃないですけど…💦

ビフォーアフターもお披露目した所で、掃除過程を紹介していきますねー。

【無印】サーキュレーターの掃除の仕方、我が家バージョン

■1.雑巾を用意

雑巾が畳んである

古いマイクロファイバークロスを使いました。

■2.汚れを凝視。覚悟を決める!

 数か月間、「培養したホコリ」がお出迎え(-_-;)

掃除前のサーキュレーター

別にこの工程は、無くてもいいです(^^;

■3.前面の上部にテープを貼る

白いテープだから、分かりにくくてスミマセン。

サーキュレーター上部にテープを貼っている

夫さんいわく、目印に使うんだそう。
後から説明しますね。

■4.フタを外す

サーキュレーター前面のフタを外す

■5.3つのパーツに、掃除機をザーっとかける

羽根と

サーキュレーターの羽根に掃除機をかけている

フタと

サーキュレーターのフタに掃除機をかけている

最後は本体にも。

サーキュレーターの本体に掃除機をかけている

注意!

我が家は、羽根を外して掃除しています。

でも説明書では、羽根を外すのはダメっぽい事が、書かれています。

今まで何の問題もないですが、自己責任でお願いします。

■6.羽根を雑巾で拭く

サーキュレーターの羽根を雑巾でふいている

拭けた☆

拭けた羽根のアップ

さあ、ここからは今日一番の難所!

フタ部分の「すき間地獄」が、待ち受けています(>_<)

■7. フタ部分のすき間、ひたすら雑巾で拭いていく…

貼ったテープが、スタート地点の目安

サーキュレーター上部に貼ったテープを目安にして拭いている

どこから始めたのか、ひと目で分かるためでした。

一心不乱💦

懸命にすき間を雑巾で拭いている

40分後…

ピカーーッ☆

綺麗になったサーキュレーターのフタ

フタ部分、めっちゃ綺麗。

いやいや…夫さん。

40分後って「どんだけ根気あんねん!」

よくよく考えたら…

「フタ部分、水洗いすれば良くないですか?」
「その方が早い気しかしない…」

水流とブラシで洗い流した方が、何倍も早いのではないかと。

夫さんにそう告げると、明らかに動揺している…

もしや「水洗いする」という発想が、彼の頭から抜け落ちていたのではないか?

と思っております。

またホコリを数か月かけて培養して、再度水洗いで挑戦する予定。
結果は明らかだと思いますが、こちらには追記という形で書きますね!(^^)!

さて、ずいぶんと脱線しました。
元に戻ります。

■8.お次は、本体を雑巾で拭く

中も丁寧に

サーキュレーター本体を雑巾で拭いている

もう少しだーと思ったら…

本体後ろにも「すき間地獄」あり💦

サーキュレーター本体の後ろのすき間を雑巾で拭いている

こちらはフタと違い、水洗い出来ないので 、地道に拭くしかなさそうです。

完了ーー!

「すき間地獄」からの生還ですっ♪

サーキュレーターの後ろのすき間が綺麗に拭けた

■9.組み立てる

と言っても、全てのパーツはこれだけ

サーキュレーターの全パーツを床に置いている

あっという間に、組み立て完成!

サーキュレーター組み立て完成

10.心血を注いで掃除した「サキュオ」

心ゆくまで、うっとり眺めタイム♡

お疲れ様でした(^^)

綺麗に掃除されたサーキュレーターのアップ

掃除工程、ここで終了ーー。

【無印】サーキュレーター、こんな感じで活躍してます

空気循環

寝室でサーキュレーターが稼働している

本来の「サキュオ」の姿。

オシャレ着の陰干しのお手伝い。

部屋干しの洗濯物の下からサーキュレーター稼働中

ニットの陰干しのお手伝い。

ニットの部屋干しの下からサーキュレーター稼働中

さいごに

我が家の「サキュオ」年がら年中、大活躍です。


空気循環や部屋干しのお手伝いの他にも…

夏場
  • 窓の側に置いて、部屋にこもった熱気を追い出す
  • クーラー補助として、冷気をまんべんなく循環させる
冬場

暖房器具の補助役として
上部に溜まりがちな、暖かい空気を循環させる

そんなこんなで、一年中出ずっぱりの「サキュオ」です。
愛着ありすぎて、名前まで付いてるワケですが…。

上にも書いたように、我が家のサーキュレーターは、無印の旧型になります。

新しく出た商品は…
無印のサイトによると風量が増して、より低騒音になったみたいですね!

カラーがホワイトとブラック、2種類あるようです。

ブラックはホコリ目立つかも~?


それでは、良いサーキュレーター生活を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA