記事のお直し中(..) 寒くなってきましたね。

食器棚を持たない暮らし 結果【少ない食器でシンプル生活に】

タイトルに「食器棚を持たない暮らし」とあります。
でも、そう望んだ訳ではないのですよっ。

単純に食器棚の置き場がない」のです…。
なのでキッチンの引き出し3段」を、食器の収納場所としました。

(写真の引き出している部分です)

なにせ引き出し3段分しか、入る場所はありません。
結果、少ない食器でシンプル生活です!

食器棚を持たない暮らし ▼食器を持つ基準について

食器を収納している、キッチン引き出し3段が開いている

この3段の引き出しに、2人分の食器を収納しました。

食器を持つ基準について

私は食器を集めるのが、好きなタイプではありません…。

数を少なく、スッキリとしたいのです。
でもギリギリにまで厳選するのも、なにか違う気がしています。

だから食器は、「2人分の盛り付けを、少し楽しめる程度に持つ」としました。

それでは、引き出しの中身を、紹介していきますね~♪

上段:カトラリーとよく使う食器

一番上の引き出しです。
立ったまま「開け閉めしやすい位置」になります。

「使う頻度が高い食器」を集合させました!
  • カトラリー
  • コップ
  • 小皿、小鉢
  • ごはん茶碗、汁椀

これでよく使う食器を一度で取り出せ、手間がかかりません(^^)

カトラリーについて、ひと工夫 

実はカトラリーボックス、2段重ねになっています。

出して撮ってみました~

2つのカトラリーボックスのアップ
  1. :普段使いのカトラリー
  2. :使用頻度が低めのカトラリー&箸置き

1. 普段使いのカトラリー

食事の時はボックスごと出して、後ろにあるカウンターの上に置いています。

その都度、引き出しを開けるのは、面倒くさいじゃないですか。

2. 使用頻度低めのカトラリー&箸置き

下側にあるボックスなので、使う頻度が低めのカトラリーを入れています。

  • 予備のスプーン&フォーク
  • あまり出番のない、大きめフォーク
  • 休日しか使わない箸置き

中段:ほどほど使う食器&保存容器

食器が収納されている、キッチン引き出しのアップ

下から2段目にあたります。
腰を少しかがめないと、開け閉めできません。

「使用頻度がほどほどの食器」を入れました
  • 中皿、中鉢
  • マグカップ
  • 保存容器

中鉢について

実はかなりの使用頻度。

本来なら、上の引き出しに入れたいのですが…
スペースは有限です。しかたなくこの引き出しに(^^;

マグカップについて

使用頻度が「 ほどほどの引き出し 」に入っている訳は、ガラスコップの方を頻繫に使うからです。

  • ガラスコップ(使用頻度高め):手に取りやすい、上段の引き出 しに収納
  • マグカップ(使用頻度まあまあ):少し屈む必要がある、中段の引き出しに収納

保存容器について

お皿と一緒に入っているのは、違和感あると思います。
でも使う頻度も多くて…食器と同じスペースに。

主な用途は、ご飯を一度に4合炊いて、冷凍する時に使ってます。
あと、おかずを多めに作った時に大活躍!

下段:大きめ食器&大きめ保存容器

食器が収納されている、キッチン引き出しのアップ

1番下の引き出しです。
上の引き出しと比べて、深さがあります。

「大型で重さがある食器」を集めました
  • 鉢が2種類
  • グラタン皿
  • 大皿(見えてませんが)
  • 耐熱ガラスふた
  • 中型の保存容器も

鉢について (写真:右側の奥)

奥にある、淡いブルーの鉢。

ニトリ「スタッキングできるボウル DAY Value 15cm」です。
これ、とっても使いやすい!

名前に「ボウル」とあるように、想定は洋食器だと思います。
でもうどんや親子丼なんかにも、すごく合いますよ(^^)

この淡いブルーが、和の食事シーンにも、凄くいけるんです。
もちろんサラダなど入れてもキレイ!

▼関連記事
ニトリの食器「デイバリュー」は、いろんな料理に合わせやすい♪

耐熱ガラスのフタについて

使用例です⇩

鉢に耐熱ガラスのフタをして、冷蔵庫の中にある

多めに作った料理を盛り付けて、冷蔵庫にしまう時に使っています。
ラップを使わなくて良いので、少しエコ?

加えて耐熱ガラス製なので、このままレンジへgoが可能です♪

大鉢の上に重ねてしまっているので、下の物が取り出しにくいです…

もう少し収納スペースに、余裕があればいいのに…⤵

食器選びの、私の決め事

私が食器選びで、決めていること☆

  • ブルー&ホワイト
  • 磁気であること(陶器でない)

さすがに、汁椀は外れますが…

自分の中で、「選ぶ基準を持っている」と迷いが少ないです。
そうやって選んだ食器はどれも、どことなく統一性がありますよね。

どの食器を組み合わせても、「ちぐはぐ」にならない!

「いまいちかも?」な料理も、お気に入りの食器に入れると、少し美味しそうに見えますし、逆もしかり…です。

食器のパワーは、侮れないですね~。

あなたもお気に入りの器で、ステキな食生活を☆

上で紹介したブルーの食器です。

クリックすると開きます(^^)

ニトリの食器「デイバリュー」は、いろんな料理に合わせやすい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA