シンプリスト志乃のブログ

【犬の里親】大阪の譲渡会で出会ったミミカちゃん、我が家に来るの巻

f:id:SHI_NO:20190826133835j:plain

 

写真の可愛い子は、ポメラニアンのミミカちゃん。

推定5~6才の女の子。

晴れて我が家の一員となりました!

 

ミミカちゃんと出会ったのは、レスキュー犬の譲渡会です。

大阪府吹田市で月に1度開催されています。

 

譲渡会の主催者は、兵庫GREEN LEAF 未来を信じての青葉さんです。

 

青葉さん、もう何十年もワンちゃんのレスキューボランティアを、されています。

 

青葉さんの印象は、「すっごくワンちゃんへの愛情があふれ、パワフルな行動力がある素敵な女性だなぁ」と感じました。

 

ワンちゃんの里親に興味がある方は、青葉さんのブログをぜひ読んでみて下さい。

ワンちゃんのへの愛情が、文章から伝わってきますよ(^^)

 

 さてミミカちゃん譲渡会で出会いましたが、他にも里親希望の方がいらっしゃいました。

 

私の父がミミカちゃんを凄く気に入り、譲渡会で熱烈にアピールしたのが良かったのでしょうか?

 

数日後に青葉さんの車で、我が家に来てくれました!

 

今はミミカちゃんが来て、3日目です。

 

まずは現在様子を紹介します。

その後でミミカちゃんを向かえるまでの経緯を、お話ししたいと思います。

 

 

 

 家に来てから3日目のミミカちゃんの様子

 

 

やはり始めは、知らない家にやって来て興奮状態でした。

3日目になると少しは落ち着いた様子で、リビングを探検中のミミカちゃんです。

 

ミミカこのドアの向こうは、どうなってるの?

ろう下に興味しんしん!

 

 

ミミカ「どんな匂い?クンクン

 

 

ミミカ「探検して、ノドが乾いたよ~

 

ミミカ「何だか眠むたくなってきた…。

 

5~6才の子をお迎えするのは、やっぱり最初は不安がありました。

 

ミミカちゃん、性格が人なつっこいのでしょうね。

こちらが驚くほど、すり寄って来てくれてペロペロもしてくれます!

 

ではここからは譲渡会に行って、ミミカちゃんを向かえるまでの経緯を、お話ししていきます

 

先代愛犬の死、そして父がペットロス

 

 

 

ミミカちゃんの前に、同じポメラニアンの男の子を飼っていました。

 

その子の名は「ポン」。

1か月半前に12才で亡くなりました。

 

先代の愛犬ポンが1番なついていたのは、私の父です。

父のポンへの可愛がりようはすごかったし、ポンも父にベッタリでした。

 

なのでポンが亡くなって、父は「自身の半身がもぎ取られた」ような喪失感に襲われたんだと思います。

 

それからミミカちゃんに出会うまでの、父のペットロスの症状はひどいものでした。

カウンセリングの受診を、進めたぐらいです。

 

もう一度ワンちゃんと生活を共にして、生きる希望が欲しい

これが父の出した結論です。

 

私も先代のポンが亡くなり、なんだか「火が消えた」ように感じていました。

 

それでポンの妹or弟探しを、始めたのです。

 

どうせならペットショップの子をお迎えするのでなく、飼い主を探しているワンちゃんの里親になろうと、両親と私とで決めました。

 

 犬の里親募集サイトから申し込み

 

 

上記のような経緯で、里親になろうと決意した私たち家族。

 

ネットで見つけた2つの里親募集サイトを、毎日見ていました。

1.いつでも里親募集中

2.ペットの里親募集情報 :: ペットのおうち【月間利用者150万人!】

 

このどちらのサイトにも出ていた、あるポメラニアンの女の子が目に止まります。

我が家にやって来た、ミミカちゃんとは違う子です。

 

その子がいたのが冒頭の「兵庫Green Leaf未来を信じて」の青葉さんのところです。

 

父が写真でそのポメラニアンの女の子が気に入り、「里親を申し込もう!」となりました。

 

「いつでも里親募集中」のサイトを通じて、青葉さんに里親の申し込みをしたのが始まりです。

 

そうすると青葉さんから「事前アンケート」に答えてほしいとの返信がありました。

 

父はパソコンやスマホに弱いので、私が代理で記入して指定されたメールアドレスに送りました。

 

私たちが最初に希望していたポメラニアンの女の子は、里親希望の方が他にもいらっしゃるとのこと。

 

青葉さんから「譲渡会へ来て下さい。そこで直接会ってお話し聞こうと思います。」とメールをもらいました。

 

譲渡会はすぐの週末、日曜日です。

父は、行く気マンマンです!(笑)

 

大阪の譲渡会でミミカちゃんと、運命の出会い

 

 

譲渡会当日。

私はどうしても外せない予定があり、譲渡会へは行けませんでした…。

そこで両親2人だけで、大阪へ出掛けていきました。

 

って思ってたら、妹夫婦が急きょ滋賀県から駆けつけたようです!

譲渡会には両親と妹夫婦の4人で、行ったようです。滋賀県からご苦労様でしたっ。

 

 譲渡会はたくさんのワンちゃんが、参加していたみたいですね。

 

父のお目当てのポメラニアンの女の子も、もちろん参加していました。

ですが想像以上に体が小さくて、チワワみたいな大きさだったようです。

 

先代のポンのサイズ感に慣れていた父は、「抱いたら骨折しそうで怖い」だそうで…💦

 

その会場に来るワンちゃんは、事前に青葉さんのブログで紹介されています。

しかし当日飛び入り参加のワンちゃんがいて、それがミミカちゃんでした。

 

先代のポンの面影が、ミミカちゃんには少しあります。 

 

譲渡会での短い時間ですがミミカちゃんと触れ合ってみて、父はすごく心惹かれたようです。

 

里親なる決心が固まれば、アンケートに必要事項を記入します。

そしてワンちゃんの第一希望と第二希望も、その用紙に書いて提出します

 

父は第一希望には、もちろんミミカちゃんと記入!

 

父の譲渡会での猛烈アピールが伝わったのか?ミミカちゃんは我が家に来てくれることになりました。

里親に決定したら1~2日ぐらいで、電話がかかってきます。

 

連絡がなければ「今回はごめんなさい」ということらしいです。

 

※ここから少しミミカちゃんの過去に、話を移そうと思います。

と言っても、あまり詳しく知らない私(泣)

 

ミミカちゃんが来た日に、青葉さんからちょっとだけ聞いたぐらいなんです…。

 

ミミカちゃんの過去

 

 

ミミカちゃんは「繁殖引退犬」です。

販売目的で子犬を産まされる母親の犬のこと。

 

それまではペットショップで子犬を見て、「かわいいー!」と普通に思っていました。

 

その可愛い子犬には母犬がいて、その母犬がどれほど可哀想な環境にいるのか、なんて考えもしませんでした。

 

狭いケージの中だけで過ごし、妊娠・出産。

そして産まれた子犬は、ペットショップなどへの販売のため、引き離されます。

 

ミミカちゃんも妊娠・出産を繰り返したんだと思います。

 

ケージの中だけの生活で、散歩も行ったことが無いとのこと。

 

慣れるまでは家の中だけの生活です。

父と一緒に散歩に行ける日は、まだ先みたいですね…。

 

ミミカちゃん、晴れて我が家へ来る

 

 

初日、知らない家に連れてこられて不安でいっぱい💦

 

 

さてここからは、我が家にミミカちゃんが来た日のことを、お話しします。

 

譲渡会から数日後に青葉さんの車で、ミミカちゃんは来てくれました。

 

ミミカ「ここ、どこー?」 

 

 その時に契約書を交わしました。

 

 

青葉さんのところで食べていたドッグフードと、避妊手術後だったのでお薬も一緒に。

 

 

それと里親になるにあたっての費用は、5万円ほどでした。

 

譲渡費用(マイクロチップ、去勢手術、血液検査、ワクチン、フィラリア検査等) 

+交通費です。

 

 

いきなり知らない家に連れてこられて、大興奮のミミカちゃん。

せわしなくリビングを走り回っていました。

 

とりあえず用意したケージに入ってもらい、少し落ち着くのを待ちました。

そんなこんなで1日目が過ぎました。

 

我が家に来てから2日~4日目の様子

 

 ■2日目■

ミミカ「少し怖いけど、リビングに出てみたよー

 

 

ミミカ「窓からお外が見えるよ~

 

■4日目 ■

私の膝の上で抱かれています!

 

ミミカ「でもでも、まだまだキンチョー💦

 

 

ミミカちゃんは、たぶんかなり人なつっこい性格なのかも?

 

繁殖引退犬と言われる子は、ケージ内の生活が長く、懐くまでに時間がかかる子も多いらしいです。

 

ですがミミカちゃん、人なつっこいと言っても、やはりペットとして飼われていた子とは違うなぁと、感じるところもあります。

 

  • すごく音に敏感です。
  • テレビを怖がります。
  • 撫でようと手を出すと、すごくびっくりします。

 

でもこのくらいです。全然大したこと…ないですね!

 

さいごに

 

 

家から車で10分くらいのところに、大きな公園があります。

慣れて散歩が行けるようになったら、最終的にはその公園に遊びに行きたいです。

 

先代の愛犬ポンと、遊びに行った公園です。

ミミカちゃんとも楽しみたいです。

 

あなたが思うより世界は、ずっとずっと広いよって教えてあげたい。

 

青葉さんにレスキューされるまで散歩も行ったことなく、ケージの中だけの生活ってどんなに虚しかったんだろう…。

 

これからはいっぱい遊ぼう!よろしく、ミミカちゃん!(^^)!

 

 

※ミミカちゃんの今後ですが、このブログで不定期に紹介したいと思います。

 

可愛さのあまり頻繫に登場しては、もはや「ワンちゃんブログ」になってしまいます。

なのでたま~に皆様に可愛いお顔を、見てもらえたらなぁ…と思っています。

 

 

▶よろしければ、こちらもどうぞ 

 

↓私の別ブログに飛びます。

先代の愛犬ポンの病気と、私の病気の事を書いた記事です。

 

www.shi-no-s.com

 

 

 
クリックしていただけると嬉しいです (^^)
    はてなブログ
 
ランキングサイトに参加しています

 

 

2 COMMENTS

happy-ichiro

「繁殖引退犬」のこと、初めて耳にしました。
人間のエゴのために犠牲になっている犬がいるんですね・・・。
でも、志乃さんのようにそれを救ってくださる方もいる。
ミミカちゃんは幸せなのではないでしょうか。

返信する
SHI_NO

ちゃんださんにそう言ってもらえて、うれしいです。
家族全員でミミカが幸せになれる様にしたいです。
最近「おすわり」を覚えたんですよー!
お利口さんだと、皆でデレデレです(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA