シンプリスト志乃のブログ

私の、おすすめハンガー♪ 3種類を使って正直な感想

これまで何種類ものハンガーを使ってきました。

  • クリーニングの返却用ハンガー
  • 服を購入したときのハンガー

わざわざ買うことはなく、手元にある物を使っているのでバラバラの見た目。

服はほどほど楽しむのに、それを掛けるハンガーは、おざなりの生活が長く続きました。

使い勝手も見た目も良くないので「ハンガー、少しこだわってみようかな?」そう思うように。

いろいろ思案して、現在3タイプのハンガーを使っています。

  • トップス用
  • ボトムス用(バー型)
  • ボトムス用(クリップ型)

これからハンガーを見直してみたい方に少しでも参考になればと思います。

クローゼット収納  3種類のハンガーについて

ハンガーを同じメーカーや色合いで統一して、視覚的にスッキリと素敵に。

そんな完成度の高いクローゼットの写真を、ネットで度々目にします。

私は掛ける洋服の種類ごとに、「どんな商品だったらいいかな」と選んできたので、メーカーや色合いの統一まではしてないです。

あしからず…。

それでは順番にレビューしていきます!

《マワハンガー》エコノミック36:トップス用

トップス用にはマワハンガー エコノミック36を選びました。

ドイツ製マワハンガー エコノミック 36 – MAWA Shop Japan

こちら襟のない洋服(Tシャツやニット、カーディガンなど)に合うタイプのハンガーです。

襟のあるブラウスなども、私は気にせずこちらに掛けています。

立ち上りのある襟をハンガーに添わせたいのであれば、「シルエット」というタイプもあります。

私のトップスのサイズは9号が中心で、エコノミック36はぴったりに感じます。

エコノミックはサイズ展開が36・40とありますが、私の感覚では下記の通りです。

エコノミック36:7号~9号

エコノミック40:11号~、男性も

お気に入りポイント

◎肩に出っ張り後がつかない

ハンガーの形状が丸みを帯びたデザインのため、肩先にハンガーの出っ張り後がついて困った!なんてことがないです。

普通のハンガーとの比較写真をどうぞ↓

マワハンガー エコノミック36

クリーニング返却用ハンガー

どうでしょう?

黒いクリーニング返却ハンガーは、肩先がとがってますよね。

服の生地によっては、とがったまま形状記憶されるおそれも!

いざ着てみたら肩先がポコッとなっていて、そのまま出掛けたものだから、気になってしょうがない…。

私の実体験です(汗) そんな事態を避けれます。

◎洋服が滑り落ちない

こんなに端に掛けても滑り落ちません!

なぜならスチールを芯に、周りを樹脂コーティングが覆っているから。

特にカーディガンなどを掛けると、その恩恵のありがたさが身に沁みます。

滑り落ちないのは、正義です!

気になるところ

◎洋服が滑らない

えー! 上で滑り落ちない樹脂コーティングがいいって書いておいてっ(怒)

と言われそうですが…。

物事は多面的です。

「滑らない」というメリットが視点を変えればデメリットになります。

滑り落ちない状態というのは、反対に「サッと滑らせて洋服を取る」この行動がしにくくなります。

まあ滑らせて取るよりも、少し「もたもた」するぐらいの感覚です。

◎ほこりが付きやすい

ごめんなさい。上記のように書きましたが、私自身は確認できてません。

なぜなら、ほこりが付きやすいといった口コミがあったので、目立ちにくいシルバーを選んだからです。ハンガーを触ってみると少し「ねたつく」感じで、ほこりが付着しやすいかもしれません。

ブラックを選んだ場合、「白いほこりが少し目立つかも?」と思ったのでこちらに書いておきました。

《シンコハンガー》リバースストップバー2本セット:ボトムス用

ズボン用のハンガーを探していたところ、スーパーの雑貨売場で出会ったのがこちら。

↓公式サイトの販売ページです

リバース ストップバー2本セット

私はズボンだけでなくロングカーディガンも2つ折りにして、長さ短縮で掛けています

お気に入りポイント

◎ポールに掛けたとき先端が、手前にこない

文字だけではピンとこないかも知れません。

違うタイプのハンガーの写真で比較してみますね。

右(ブラック):ハンガー先端が奥側

左(シルバー):ハンガー先端が手前

クローゼットの扉を開けたときに、目の前にハンガーの先端がくるのは、突き刺さるみたいで怖いのです。先端は奥側に向いているのが、私は安心です。

◎横に滑べらせてサッと取れる

ズボンを掛けるバーの部分は、滑り落ちにくい仕様(特殊ラバー加工)です。

ですが「横に滑らせて取る」ときの抵抗感が少なく、スーーと引き抜けます。

このハンガーは滑り落ちにくさ担保した上で、取り出しやすさも工夫されていて感心します。

気になるところ

ひとつだけ。

全くの私の趣味で申し訳ないですが、色合いです。

このクローゼットには、他に2種類のハンガーを使用しています。

そのどちらもシルバーを基調とした商品なのですが、このハンガーだけが黒い。

私だけでなくシルバーでハンガーを、統一されている方も多いですよね。

ブラックだけでなく他の色も、ラインナップにほしいです

《ニトリ》スカート・スラックス木製ハンガー:ボトムス用

はじめに

ニトリのスカート用ハンガーのレビューを書きますが、現在使っているのはイケア商品です。

何故かというと…

見た目が本当にそっくりのハンガーが2社で売られていて、私が昔に買ったのがイケアの商品です。

現在イケアのハンガーはリニューアルされていて、同じデザインはもう手に入りません

一方でニトリは今でも売られています。

購入出来ないイケアの商品レビューを書くよりも、ニトリを紹介した方がいいと1本だだけですが買ってきました。

ほぼ見た目は同じですねぇ…。以下、ニトリのハンガーの感想です。

上の写真のハンガーは、こちら↓

スカート・スラックス木製ハンガー(WLH-SZ) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

お気に入りポイント

ハンガーとしての性能は、普通にいい…です。

気に入ってるのが性能以外のところなので、そちらを書きますね。

◎金属オンリーより温かみがある

素材の組み合わせが好きです。

天然木とスチール?で構成されていて、金属のみのハンガーより温かみを感じます

手に持ったときも、木肌が触れていい感じです!

◎ニトリで1本単位で買える

 

足りなくなったら最寄りの店舗で、1本から購入出来るのがうれしいですね。

しかも税込み102円です!

私もイケアのハンガーが壊れたりしたら、そっくりなニトリの商品へ買い替えようと思っています。

気になるところ

デザイン的には良かった木部がジャマをして、クリップが中央に寄せれません。

クリップの可動域が狭くて、幅の小さい服は挟みづらいのです…。

具体的には↓

◎Sサイズのボトムスだと、挟むのがギリギリ

クリップの幅を一番狭くしても、これ以上は無理。

ウエストサイズが小さめな方は、端っこギリギリにクリップが来てしまう可能性が高いです。

◎スラックスをセンタープレスの折り目で挟むのが難しい

夫さんのスラックスの話です。

写真のようにセンタープレス折りにしてクリップを挟もうとすると、端の部分に布が重なり合います。

分厚くて挟めないので、「真ん中の2重部分」だけをクリップで止めています。

通常は端っこを避けて、クリップを中央に寄せれば問題解決です。

こんな感じに…。

もう少し木部を短くしたら、クリップも中央に寄せれるのになぁ」と思いますが、デザインが崩れる問題があるのかも?

これで使用しているハンガーの感想は終わりです。

テンションが上がるクローゼットへ

クリーニング返却用のハンガーでは、少し使いにくい部分があります。

なので「自分が求める基準を満たすハンガーはどれかな?」と探すと、満足する1本に出会えるはず。

そんなハンガーに、これまたお気に入りの洋服が掛かっていると、クローゼットの扉を開けるたびテンションが上がります!

ぜひお気に入りを、見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA